Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • G7が再び政治的影響力を発揮

G7が再び政治的影響力を発揮

2021年8月28日(土)、アフガニスタンのカブールにあるハミド・カルザイ国際空港のゲート付近の検問所で、タリバンの戦闘員が見張りをしている。(AP)
2021年8月28日(土)、アフガニスタンのカブールにあるハミド・カルザイ国際空港のゲート付近の検問所で、タリバンの戦闘員が見張りをしている。(AP)
Short Url:
29 Aug 2021 05:08:39 GMT9
29 Aug 2021 05:08:39 GMT9

アンドリュー・ハモンド

G7首脳会議は1970年代に世界経済の動向を監視するために設立されたが、先週の欧米諸国の首脳による危機管理会議では、国際的な安全保障の要としてのG7の重要性が十分に認識されていないことが示された。 

また、G7首脳会議は、他の国際機関がアフガニスタンでまだ重要な役割を果たせるという認識を示した。このためにグテーレス国連事務総長は月曜日、国連安全保障理事会の常任理事国会合を招集した。さらに、今年のG20議長国であるイタリアのマリオ・ドラギ首相は、G20サミットを9月に開催することを目指している。  

しかし現在のところ、アフガニスタンの混乱に最も影響を与えているのはG7諸国である。 木曜日のダーイシュによるテロ攻撃の後の混乱の中で、G7は、カブールからの航空機による国外退避が終了する火曜日以降にアフガニスタンからの出国を希望する人々に向けた安全な退避通路の確保を含む、タリバンへの今後の関与のあり方に関するロードマップを作成している。 

今年のG7の議長である英国のボリス・ジョンソン首相は金曜日、G7はタリバンに対して、その経済的、外交的、政治的影響力を行使することにより、アフガニスタン国外への安全な退避を確保するよう取り組んでいると述べた。国連によると、最大50万人のアフガニスタン人が国外退避する可能性があり、国連は、タリバンがアフガニスタン人の国外退避を認めること、そしてアフガニスタンの周辺諸国が国境を開放することの重要性を強調している。

おそらく、G7に残された重要な影響力は、タリバンをアフガニスタンの公式な政権として承認するかどうかということであり、タリバン政権が欧米諸国との重要な関わりを持ちたいと考えるならば、この点が鍵となるだろう。 このような外交上の承認があれば、何十億ドルもの凍結された資金を引き出すことができる。また、アフガニスタンが再びテロの温床にならないことが承認の条件となるだろう。さらに、女子教育などの人権面での配慮も承認の条件とされるだろう。

G7会議で地政学が主な議題となったのは今回が初めてのことではない。6月の首脳会議では、国際的な安全保障問題が議題となり、今年のウクライナ国境周辺におけるロシア軍の大幅な軍備増強を指摘した。また、ミャンマーの軍部が方針を変更しない場合には厳しい更なる措置をとることで合意し、さらに新疆での人権侵害についても改めて非難した。 

おそらく、G7に残された重要な影響力は、タリバンをアフガニスタンの公式な政権として承認するかどうかということであり、タリバン政権が欧米諸国との重要な関わりを持ちたいと考えるならば、この点が鍵となるだろう。

アンドリュー・ハモンド

6月のG7首脳会談では、中国とロシアの問題が中心となり、中国とロシアの秩序を乱す活動に対抗するために、G7がより広範な民主主義国の連合体を構築する方法について議論された。6月のG7では、ロシアが大きな関心事である一方で、中国が突出した課題であると認識された。   

G7が地政学を重視するのは決して珍しいことではない。 例えば、2017年のG7首脳会談では、英国マンチェスターにおけるテロの余波と、朝鮮半島における核の緊張に関する議論で占められていた。

G7がこのような多くの地政学的な対話に関与していることは、その本来のマクロ経済的な任務を考慮すると、議論の余地がないわけではない。例えば、中国は今年のG7首脳声明の多くに対して、新疆ウイグル自治区をはじめとする中国の内政に対する「露骨な干渉」だと非難し、強く反発している。  

このような論争を背景に、特に発展途上国からは、G7は国連やG20のように国際的な安全保障問題に関与する正当性を欠いており、中国などの新たな勢力の台頭によって歴史的な異常事態に陥っていると批判されることがある。しかし、G7の国際安全保障上の役割が新しいものであるかというと、そうではない。 

G7は冷戦時代、西側の対ソ戦略を調整し、国際安全保障上の中心的な役割を果たした。 さらに2001年9月の同時多発テロ以降、アフガニスタンをはじめとする米国主導のテロ対策に重要な役割を果たした。 

G7の議論の中で地政学がより顕著になった理由の一つは、特にトランプ前大統領時代に、気候変動から国際貿易にいたるまで、他の問題の亀裂を修復するため、G7が大きな役割を果たしたことにある。  

トランプ前大統領が退任して以来、欧米諸国に残された分断は、それほど厳しいものでもなければ、広範囲に及ぶものでもない。しかし、G7の国際安全保障を重視する姿勢は変わらない。   

  • アンドリュー・ハモンド氏は、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのシンクタンク「LSE IDEAS」のアソシエイト。
特に人気
オススメ

return to top