Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 欧米がウクライナ問題により真剣に取り組むべき理由

欧米がウクライナ問題により真剣に取り組むべき理由

ロシアのウクライナ侵攻96日目の2022年5月30日、ウクライナ東部ドンバス地方のリシチャンシク市で、空爆により破壊された建物の前を歩く女性。(AFP通信)
ロシアのウクライナ侵攻96日目の2022年5月30日、ウクライナ東部ドンバス地方のリシチャンシク市で、空爆により破壊された建物の前を歩く女性。(AFP通信)
Short Url:
31 May 2022 03:05:29 GMT9
31 May 2022 03:05:29 GMT9

クリス・ドイル

本日アラブ・ニュースに掲載されたYouGovの世論調査から明らかになったのは、NATOやヨーロッパの大国は、中東を含む世界のさまざまな地域で、自分たちの行動を説明し、主張を展開するためにもっと努力しなければならない、ということである。多くの回答者は、曖昧であると感じながらも、一刻も早い紛争の終結を切望している。

EUや米国が最近多くの問題でなされてきたように、この地域を無視することはあまりにも短絡的である。この世論調査では、中東の懐疑的な読者が、ロシアのウクライナ侵攻に対する西側の立場を理解しない理由が示されている。

中東では、欧米列強への信頼は必ずしも高くはない。これは、イギリス、フランス、そして後にはアメリカといった大国の植民地時代や帝国時代の記録を考えれば当然である。この地の誰もが、サイクス・ピコ協定やバルフォア宣言の裏切りについて知っている。2003年に米国と英国が行ったお粗末な着想のイラク戦争がどのような結果になったか、誰もが知っている。ロシアには、これと全く同じレガシーはない。

対照的に、ソ連の支配下にあった東欧やバルト諸国を訪ねると、まったく様相が異なる。NATO加盟への道を歩むフィンランドやスウェーデンが今、明らかに脅威を感じているのと同じように東欧やバルト諸国は脅威を感じている。ロシアによる侵攻は、分裂が深刻化していた時期に、NATO各国とヨーロッパを結束させた。

この世論調査は、これはヨーロッパの戦争であり、この地には直接関係ないことであるという認識を浮き彫りにしている。この戦争は 極めて深刻な影響を及ぼしているが、どちらかの側につくべき争いではない。ほとんどの国が、この紛争を終わらせ、ロシアとアメリカの両方との関係を維持することを望んでいる。

この悲惨な戦争の結果を取りなすことは、ヨーロッパの列強にとって難しいことであることがわかった。彼らは、この戦争が第二次世界大戦後の安全保障構造を根底から覆すものであることを知っている。課題は、いかに迅速にこの事態を終わらせるかであるが、将来的にいつか再び戦争が始まる可能性のある単なる停戦ではなく、恒久的な停戦にすることである。欧州各国は、ロシアの脅威と侵略の影に隠れて生活することを望んでいない。ロシアの指導者たちは、明らかにNATOに脅威を感じたくはないだろう。

課題は、プーチンにウクライナからの出口をどのように用意するかである。ロシア軍の戦果は芳しくなく、「3日戦争」は3か月以上続き、ロシアはキエフ周辺からもハリコフからも撤退させられている。

ウクライナ軍が実際に勝つ可能性もあるが、その場合、手負いのロシアがどれだけ危険な存在となるかという問題もある。ロシアに屈辱を与えるのは賢明だろうか?全面的な勝利を目指すと、全面的な敗北に終わる可能性がある。

フランスのマクロン大統領などは、プーチン大統領との対話を続けていると批判する人は多い。彼らには意味が分からないのだろう。ロシアの大統領は強い意志を持っているようで、簡単に引き下がるとは思えないという点では、彼らの言う通りなのかもしれない。マクロン大統領やドイツのオラフ・ショルツ首相などは、より大局的な意味での平和のためにウクライナは領土の一部を失うべきだと内心思っているのではないか、ウクライナ人はきっと反対する、と多くの人が主張している。ショルツ首相は「できるだけ早くウクライナの停戦を」と呼びかけている。しかし、最近選出されたドイツのショルツ首相は、ウクライナ問題で足を引っ張っているとして、ドイツ議会で大きな批判にさらされている。イタリアの指導者たちも、NATOの一部の同盟国ほどには率直な態度をとることには消極的なままである。オルバン首相率いるハンガリーは、この件に関してかろうじて欧州陣営に属しており、近隣諸国、特にポーランドとの間に大きな摩擦が生じているにもかかわらず、ロシアへのさらなる制裁を阻止しているのである。

これに対する反論は強力だ。ロシアは2014年にクリミアを占領・併合し、ウクライナ東部で戦争を始めた。2022年にウクライナに再侵攻し、過去にはグルジアに侵攻し、チェチェンを打ちのめしたこともある。ロシアがウクライナの領土を増やすだけで満足し、立ち止まるとは誰が請け合えるだろうか。これもまた、侵略に報いることにはならないのだろうか。どのような安全保障があれば、脆弱な国やウクライナ自体にとって十分なのであろうか。

ロシアは軍事的に劣勢なので、おそらく今が交渉を推し進める時ではないか?大胆にやる必要があるかもしれないが、ロシア軍を2月以前の水準まで撤退させることも盛り込まなければならないだろう。最低でも24か所の戦線。ロシアは、制裁解除とウクライナ東部のロシア系民族の確保を望むだろう。

交渉は簡単ではないだろう。信頼は存在しない。関係者すべてから信頼される中立的なブローカーがなかなかいない。中国は役割を果たしうるが、よりロシアに近い。イスラエルとトルコは調停を試みたが失敗した。現実的な政治プロセスがなければ、事態は急速に悪化する可能性がある。将来、アラブの世論調査が実施される頃には、この紛争が真にグローバルなものとなり、ヨーロッパ同様、中東が危機に巻き込まれている恐れがある。

特に人気
オススメ

return to top