Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • バイデン氏のサウジアラビア訪問は、「方向転換」ではなく「正常への回帰」である

バイデン氏のサウジアラビア訪問は、「方向転換」ではなく「正常への回帰」である

Short Url:
13 Jul 2022 12:07:35 GMT9
13 Jul 2022 12:07:35 GMT9

ジョー・バイデン米国大統領は、サルマン国王の招きで今週サウジアラビアに到着する。7月15日金曜日にジェッダで国王とムハンマド・ビン・サルマン皇太子に会い、GCC6カ国とエジプト、ヨルダン、イラクの臨時会合に出席する予定だ。

ここサウジアラビアでは、なぜこの訪問が相互に大きな重要性を持つのかは明らかであるが、バイデン大統領を批判する人々の中には、彼や彼のチームほど明確な目を持っていない人もいるかもしれない。そのためか、バイデン氏が先週、ワシントン・ポスト紙に掲載されたコラム「私がサウジアラビアへ行く理由」は慎重に言葉を選びながら表現されており、米国大統領としての目的は決して「断絶」ではなく、両国の関係を「方向転換」することだと明言している。

このコラムの論調は、バイデンのこれまでの暴言(例えば、選挙キャンペーンでサウジアラビアを「のけ者」にすると宣言したこと)よりもずっと公平で、雄弁で、ベテラン政治家としての長いキャリアを示すものであった。このような発言は、伝説的な元駐米サウジアラビア大使のバンダル・ビン・スルタン王子が、米国の選挙期間を「愚かな季節」と表現していた理由であり、そのことにこだわる必要はないだろう。結局のところ、正気であれば、イスラム教発祥の地であり、20億人の聖地があり、世界で最も重要な産油国であるサウジアラビアのような大規模で重要な国との戦略的関係を断ち切ろうとする者はいないだろう。

しかし、私はバイデン氏のコラムの「方向転換」の部分に、丁重に異論を唱えなければならない。同氏は、サウジアラビアが湾岸諸国の結束を回復させ、イエメンの停戦を支援し、石油市場の安定化に努め、米国の強さと安全を保つ上で影響を及ぼしているからこそ、ジェッダに行くのだと主張している。しかし、そのどれもが「方向転換」ではなく、「当たり前」なの だ。それは、まさに私たちの二国間関係の基本なのである。ソ連のアフガニスタン侵攻を終わらせるための協力、クウェート解放のために肩を並べて戦ったこと、テロと戦うための継続的な協力、宇宙開発での協力、サウジアラビア人と米国人の両方に何十万もの雇用を創出するための共同事業の結成などを加えることができるだろう。

サウジアラビアのような大規模で重要な国との戦略的関係を、正気で断ち切ろうとする者などいない。

ファイサル・J・アッバス、編集長

実際、この基準から逸脱しているのは、遺憾ながら米国である。例えばイエメンでは、現政権の当初の方針は、サウジの民間人や石油インフラが攻撃されている間、イランが支援するフーシ派をテロリストとして登録解除し、サウジアラビアからパトリオットミサイルの砲台を撤退させることだった。攻撃されていたのが民間人であることは忘れてはいけない。バイデン氏が自身のコラムで「80年来の戦略的パートナー」と表現している国サウジアラビアで、世界のエネルギー価格が史上最高値に達している時に、石油施設が標的にされたのである。

しかし、バイデン氏の政権がよりかみ合い始め、事実を受け入れ、責任を取るべきところで取るようになってから、私たちは共に、これまでで最も長く続いたイエメンでの停戦を達成することができたのである。米国の協力を得てさらに前進し、誰もが一刻も早く終わらせたいと願っている戦争が最終的に解決することを願うばかりである。

国務省や他の米国機関による報告書に記されているように、人権については常に議論されてきた。批判は正当なものであれば受け入れられ、そうでないものであれば退けられた。

ファイサル・J・アッバス、編集長

また、わが国がこれまで「白紙委任政策」を享受してきたが、米国の現政権がそれを覆したという指摘にも、同意しかねると言わねばならない。もし、これが、以前のどの政権でも、サウジアラビアは人権に関して免罪符を与えられていたという意味であれば、それは単なる偽りである。国務省や他の米国機関が発表した報告書に明確に記されているように、こうした話題は常に議論されてきた。批判は正当なものであれば受け入れられ、そうでないものであれば退けられた。

また、その記録が常に否定的なものであったわけでもない。私たちの取り組みと政策が反ユダヤ主義監視・撲滅担当でバイデン氏自身の特使であるデボラ・リップシュタット氏から最近、歓迎と称賛を受けたことが何度もあった。私たちアラブニュースの本社への訪問を含めたリヤド訪問でデボラ・リップシュタット氏は、皇太子が推進する社会的・宗教的改革に温かい言葉だけを発してくれた。

どんな国にも欠点はあり、米国にも同様に、人種的・政治的対立の激化、警察の横暴、グアンタナモ湾収容キャンプの存続など、欠点が多いのも自明の理であり、米国のような偉大な国からより良いものを期待するアラブ人としては、これらはすべてむしろ憂慮すべきことだ。

私は、金曜日の会議から何が生まれるか、とても楽しみにしている。さらに、今後80年にわたるサウジアラビアと米国の関係が何が成し遂げうるのか、楽しみでならない。私の国における宗教、経済、社会の改革といった大きなチャンスと同時に、世界の政治、安全保障、健康、栄養といった困難な課題がある今、リヤドとワシントンの関係は、地球全体の平和、安定、繁栄のためにこれまでと同様に重要である。

ツイッター:@FaisaljAbbas

特に人気
オススメ

return to top