Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアのサルマン国王、同国政府に90億サウジ・リヤル相当の国民への支援を命令

サウジアラビアのサルマン国王、同国政府に90億サウジ・リヤル相当の国民への支援を命令

03 Apr 2020
Short Url:
Updated 05 Apr 2020
03 Apr 2020
  • 支援の実施には、失業保険制度で規定された条件が適用される

アラブニュース

ドバイ:国営サウジ通信(SPA:Saudi Press Agency)の報道によると、サウジアラビアのサルマン国王は、政府に対し、同国の被雇用者給与の60%を3ヶ月間負担するよう命令した。新型コロナウィルス感染症の影響を受けている企業で働く120万人が対象で、負担額は90億サウジ・リヤル(23億9,000万ドル、約2,600億円)にのぼる。

今回の支援の実施には、労働者数5名以下の施設で働くサウジアラビアの被雇用者の100%を保護する失業保険制度(SANID)で規定された条件が適用される。同制度は、サウジ労働者数が5名を超える企業の最大70%もまた保護している。

また、同支援の決定により、雇用者については補償期間中の被雇用者への毎月の賃金の支払いが免除される。ただし、企業側は補償期間中に労働者に働くよう強制することは認められない。

サウジアラビア政府は木曜日、新型コロナウイルスによる5人の死亡を発表し、さらに165名の新しい感染者を確認したと述べた。

新しい症例のうち、48名はマッカで、46名はマディナで発見されている。

サウジ内務省は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、木曜日にこれら2聖地で24時間の外出禁止令を発令した。

Most Popular
Recommended

return to top