Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • アル・ヌービ選手がオリンピックの100メートル走に出場

アル・ヌービ選手がオリンピックの100メートル走に出場

アル・ヌービ選手は、「オリンピックへの参加は、自国を代表し、その存在を高めたいと願うアスリートにとっては夢のようなものだ。あらゆる国が競うために集まり、表彰台の上で最も栄誉なタイトルを勝ち取るのだ」と強調した。(カメル・アブドゥラ/Kamel Abdullah)
アル・ヌービ選手は、「オリンピックへの参加は、自国を代表し、その存在を高めたいと願うアスリートにとっては夢のようなものだ。あらゆる国が競うために集まり、表彰台の上で最も栄誉なタイトルを勝ち取るのだ」と強調した。(カメル・アブドゥラ/Kamel Abdullah)
Short Url:
31 Jul 2021 01:07:48 GMT9
31 Jul 2021 01:07:48 GMT9

アフメド・ガマル・エル・ディン

東京:7月30日、UAE代表ランナーであるモハメド・ハッサン・アル・ヌービ選手は、東京オリンピックの100メートル走に出場した。 

アル・ヌービ選手は「オリンピックへの参加は、自国を代表し、その存在を高めたいと願っているアスリートにとっては夢のようなものだ。あらゆる国が競うために集まり、表彰台の上で最も栄誉なタイトルを勝ち取るのだ」と強調した。

「オリンピック委員会、陸上競技連盟、シャルジャ・スポーツ評議会をはじめ、私がこの栄光のステージにたどり着けるよう支えてくれた全ての方に感謝している。私は首長国連邦の名と名誉、国際的な知名度、そしてあらゆる方面におけるリーダーとしての地位を高めるため、どんな努力も惜しまない」。

アル・ヌービ選手は、「UAEのスポーツ界のために良い結果を出し、国と私自身の記録を更新したい」と抱負を語った。「オリンピックは、世界チャンピオンやオリンピックチャンピオンと競い合える絶好の機会だ。彼らのレベルやパフォーマンスから刺激をもらい、良い結果を出して帰国し、連盟の技術プログラムを開始して今後の大会でもメダルを獲得できるよう努力を重ねていきたい」。

陸上競技連盟会長であり医師でもあるムハンマド・アブドゥラ・アル・ムール少将は、UAEがそのビジョンに従い、連盟の50周年記念までに世界最高レベルの国になるべく戦略を立てたことを認めた。「UAE陸上競技連盟には、確実な陸上競技振興のための革新プログラムが早急に必要だ」。

アル・ムール氏は、「連盟は現在、クラブ内の試合支援、チャンピオンへの支援、学校運動の支援、女性競技の振興、審判やコーチの確保など、さまざまな振興策を含む戦略の策定に取り組んでいる」と付け加えた。

同氏は最後に、「連盟やクラブの状況、そしてオリンピックでの結果を分析し、ゲーム状況を評価し、最適なプランを立てる予定だ。主な目的は、国際フォーラムへの参加を増やすこと、そして望みどおりの結果を得るための国内アスリートのレベルアップだ」と述べた。

特に人気
オススメ

return to top