Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日本が中国ウイグル地区の人権状況を注視

日本が中国ウイグル地区の人権状況を注視

加藤勝信は水曜日、日本政府が懸念をもって中国ウイグル地区の人権状況を注視していると話した。(AFP)
加藤勝信は水曜日、日本政府が懸念をもって中国ウイグル地区の人権状況を注視していると話した。(AFP)
Short Url:
18 Nov 2020 09:11:23 GMT9
18 Nov 2020 09:11:23 GMT9

水曜日、日本政府首脳の広報官は、政府が懸念をもって中国ウイグル地区における人権状況を注視していると話した。

「日本政府は、国際社会において普遍的である自由・基本的人権の尊重・法の支配が、中国でも同様に保証されることが重要だと信じています」と、内閣官房長官の加藤勝信が記者会見で話した。

国連の見積もりでは100万人以上のイスラム教徒がウイグル地区で拘束されており、活動家らは当該地区で人道に反する犯罪や虐殺が起きていると話している。

中国はいかなる迫害も行っていないとしており、キャンプでは職業訓練の場の提供や過激主義と戦う手助けをしていると話している。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top