Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • より環境に優しい大会?東京オリンピック2020の環境への影響

より環境に優しい大会?東京オリンピック2020の環境への影響

東京にあるオリンピック・パラリンピック2020大会選手村のメディアツアーで披露された、選手村で使用される自動運転電気自動車。(AFP)
東京にあるオリンピック・パラリンピック2020大会選手村のメディアツアーで披露された、選手村で使用される自動運転電気自動車。(AFP)
Short Url:
14 Jul 2021 05:07:56 GMT9
14 Jul 2021 05:07:56 GMT9

オリンピック主催者は、日本をはじめとする炭素排出量上位の国々による、より環境に優しい未来に向けた取り組みを示すために、東京オリンピックでのサステナビリティ優先を約束してきた。

彼らのイニシアチブには、選手村へのリサイクル可能な段ボール製ベッドの備え付け、再生可能資源による電力の利用、競技における廃棄物の最少化が含まれる。

しかし、あらゆる世界的大規模イベントと同様に、東京大会がこの地球に環境面での痕跡を残すことは避けられないであろう。大会の環境への影響について、知っておくべきいくつかの重要なポイントを紹介しよう。

東京大会におけるカーボンフットプリントの最新の公式推定値は、たとえばモンテネグロといった国々における1年間の排出量を上回る。

これには、会場やその他のインフラの建設または改修によって生成される150万トンのCO2が含まれる。

しかしこの数字には、新型コロナウイルス感染リスク抑制を目的とした、海外からの観戦者受け入れ中止分は反映されていない。

海外からの観戦者による渡航と宿泊に絡む排出量を除外すると、総フットプリントはCO2約34万トン分削減されるはずだと主催者は述べている。
主催者側は大会終了後に最終評価を公表する。

この数字はすでにリオ大会やロンドン大会よりも低いが、パリは2024年大会の開催地として、さらに意欲的な目標となる150万トンを設定している。

2020東京大会の主催者はまた、CO2約438万トンに相当する温室効果ガス排出量の削減を目的とした国内プロジェクトに資金を提供するカーボンクレジットを購入することにより、そのフットプリントを「相殺」する計画であると話している。

しかし、そのようなプログラムは物議を醸している。活動家は、運営の見直しを模索するのではなく、お金を払ってその場しのぎをする大事業を非難しており、一部の相殺プロジェクトは実現できないでいる。

大会主催者は、開催期間中に競技会場で100%再生可能電力を使うという目標を設定している。

しかし、2020東京大会の広報担当者は、主に太陽エネルギーやバイオ燃料といったグリーンソースから直接供給される電力は30~35%だけであるとAFPに語った。

「電力会社を通じて再生可能電力を調達できない会場については、グリーン電力証書を使って、再生不能電力を再生可能電力に変換します」と主催者は語る。

これらクレジットは、同量のクリーンエネルギーが国内の電力網に投入されたこと、あるいはよりエネルギー効率を高くすることを目的とした東京における住宅リノベーションを通じて、同等量が節約されたことを証明する。

2020東京大会の主催者は、「大会用に調達した物品の99%が再利用またはリサイクルされるよう引き続き努力している」と述べており、可能であればレンタルによって調達し、新しく購入した物品は売却する。

ただし、主に選手村の家具および大会運営用のオフィスとIT機器がその対象となっており、この目標の範囲は限られている。

強化段ボールで作られた選手村のベッドなど、一部の備品はリサイクル専用に設計されている。メダルは家電製品のリサイクルから、表彰台は古いプラスチックから作られている。

大会のほぼすべての競技・イベントで観客の受け入れが禁止され、ほぼ完全に無観客で開催されるのは初めてとなるが、普段なら大勢の人が放置していくゴミの山については、それほど心配する必要はない。

主催者は、大会中に発生する廃棄物の65%を再利用またはリサイクルするという目標を設定している。

会場と選手村には、ペットボトル、缶、紙、生ごみ用に別々のゴミ箱があり、適切に分別されていないものは後の段階で分けられることになっている。

主催者によると、リサイクル不可能な廃棄物は焼却することでエネルギーに変換され、食堂などにおいては、使い捨てのプラスチックよりも紙の使用を可能な限り選んでいる。

特に人気
オススメ

return to top