Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • フランスの司法調査団、カルロス・ゴーン被告を事情聴取するためのベイルート訪問を延期

フランスの司法調査団、カルロス・ゴーン被告を事情聴取するためのベイルート訪問を延期

ゴーン被告はフランス代表団による事情聴取を受けるため、ベイルートの法廷に出頭予定だった。(資料写真/AFP)
ゴーン被告はフランス代表団による事情聴取を受けるため、ベイルートの法廷に出頭予定だった。(資料写真/AFP)
Short Url:
25 Apr 2021 07:04:09 GMT9
25 Apr 2021 07:04:09 GMT9
  • 調査団はゴーン被告と面会するため、5月17日にベイルートに到着の予定だった
  • レバノン検察当局は、訪問延期の理由として裁判官の数の不足をあげた

アラブニュース

ドバイ:フランスの司法調査団はレバノン訪問を5月31日に延期した。フランスで捜査中の2件の事件に関し、日産とルノーの元会長カルロス・ゴーン被告に対する初の事情聴取となる。

調査団は5月17日にベイルートに到着しゴーン被告と面会する予定だった、とロンドンに本部を置くアラビア語日刊高級紙「アッシャルクル・アウサト」が報じた。ゴーン被告は2019年12月に日本から逃亡して以来レバノンで暮らしている。

レバノン検察は、調査団が訪問を延期した理由として裁判官の数の不足をあげた。

さらに、ゴーン被告はフランス代表団による事情聴取を受けるため、ベイルートの法廷に出頭予定だったと報じられた。

事情聴取には、ナンテール検察局とフランス国家金融検察局の裁判官、および汚職・金融・税務犯罪取締局の捜査官が出席するとみられる。

ゴーン被告は、日本での横領罪を含む複数の犯罪容疑で起訴されている。

さらに捜査当局は、ルノー・日産アライアンスのオランダ統括会社「ルノー日産BV(RNBV)」とオマーンにあるルノーの販売代理店「スハイル・バーワン・オートモービル」社の間で、不透明な金の流れがあった件についても捜査している。

レバノン系フランス人のビジネスマン、ゴーン被告に対する事情聴取は当初1月18日~22日に予定されていた。しかしコロナ禍による行動制限のため、事情聴取は中止されていた。

特に人気
オススメ

return to top