Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • フランシスコ教皇がバグダッドの爆撃に「深い悲しみを覚える」

フランシスコ教皇がバグダッドの爆撃に「深い悲しみを覚える」

フランシスコ教皇もまた、爆発で殺された人々の家族や友人に哀悼の意を伝えた。(AFP)
フランシスコ教皇もまた、爆発で殺された人々の家族や友人に哀悼の意を伝えた。(AFP)
Short Url:
22 Jul 2021 02:07:45 GMT9
22 Jul 2021 02:07:45 GMT9
  • 爆撃により30人以上が死亡し、数十人が負傷した。イラクの首都でこの6か月間の最悪の爆撃であった。

フランチェスコ・ボンガラ

ローマ:フランシスコ教皇は、20日、繁忙なバグダッド市場での爆撃で人命が失われたことについて「深い悲しみを覚える」と述べた。

この爆発は、アル・ウヘイラ市場で家族連れがイード・アル・アドハーの支度をしているときに起こり、イラクの首都でこの6か月間の最悪の爆撃となった。30人以上が死亡し、数十人が負傷した。

教皇は、ローマ教皇庁大司教ミチャ・レスコバールへのメッセージの中で、「いかなる暴力行為も、和解と平和の発展に励む人々の努力を損なうことはない」と述べた。

今年初めにイラクを訪れたローマカトリック教会のトップもまた、爆発で亡くなった人々の家族や友人に哀悼の意を表した。

3月の4日間の訪問で教皇に同行したカルデア・カトリック教会長であるルイス・ラファエル・サコ枢機卿が、バチカンラジオに次のように語った。「イスラム教徒の饗宴の前夜に起こり、それはまさに虐殺だった。悲劇的なことだが、残念ながらこれが初めてではない。」

「イラクには安全や安定はなく、この攻撃は最近の例にすぎない。これは道徳的な問題である。不正と罪なき人々の殺害は不道徳な行為である。」

カルデア聖職者の精神的黙想期間のため、現在イラクのクルディスタン地域の首都エルビルにいるサコ枢機卿は、イードを祝うイスラム教徒のため、イラクの平和と安定のため、そして教会のために祈るよう請われた。

枢機卿は、法王がイラクを訪問した際、「教皇はイラクの人々の考え方を変えた。今や多様性が尊重され、キリスト教徒やイスラム教徒ではなく、兄弟姉妹としてのイラク人について語っている」と述べた。枢機卿はまた、「公益のためのイラクの政治的階級」への希望を表明した。

イラク北部のカラコシュにある難民キャンプで務めていたイタリア人司祭のジュゼッペ・シウッティ氏は、アラブニュースに次のように語った。「状況が改善されることを期待していたが、バグダッドのアル・ウヘイラ市場での攻撃のような事実は、残念ながら、改善されたと言えるようになるまで課題が多いことを示す。」

「イラク当局も爆弾を所持して別の病院に入ろうとした男を止めたと聞いた。これはシーア派とスンニ派間、またはシーア派同士の衝突であり、権力とお金の争いであり、道徳など存在しない。」

「しかし、我々には希望がある。フランシスコ教皇は、イラクが最終的に平和を見出せるように、良い取り組みを続け、役割をはたさなければならないと我々に伝えた」とシウッティ氏は付け加えた。

シウッティ氏は、国の多様な宗教的および文化的構造が「いかに少数でも、そのメンバーの一部が失われたことによって弱体化した」と述べ、イラクの都市モスル滞在中、教皇がイラクで進行中の暴力行為の犠牲者全員のために祈ったと言及した。

「我々は皆、イラクのモザイクの断片だ。そして、すべての断片が非常に貴重である。全員が平和に共生するならば、素晴らしい仕事をすることができる。これが、教皇が伝えるように、暴力行為が我々の良い取り組みを妨げてはならない理由なのだ。」と、シウッティ氏は語った。

特に人気
オススメ

return to top