Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • キリスト教の総主教:「恥ずべき」組閣の遅れはレバノン衰退を招いている

キリスト教の総主教:「恥ずべき」組閣の遅れはレバノン衰退を招いている

2021年10月30日、レバノンのブケルケで行われた会議に参加するマロン派ビシャーラ・ブトロス・アル・ライ総主教の姿。(ファイル/ロイター)
2021年10月30日、レバノンのブケルケで行われた会議に参加するマロン派ビシャーラ・ブトロス・アル・ライ総主教の姿。(ファイル/ロイター)
Short Url:
08 Aug 2022 01:08:24 GMT9
08 Aug 2022 01:08:24 GMT9

ベイルート:レバノンのキリスト教総主教は日曜日、政治家たちが選挙後3カ月近くも新たな内閣を組閣していないことは「恥ずべきこと」だと述べ、国の「衰退」の原因は慢性的な政治的確執にあると非難した。

レバノン人の多くは、統治者として長く定着したエリートは汚職と機能不全で動きが取れなくなっていると見ており、それがレバノンを財政的、経済的崩壊に追い込み、10人に8人を貧困に陥れたと非難している。

マロン派のビシャーラ・ブトロス・アル・ライ総主教は毎週行う説教の中で、長年の敵国イスラエルとの海上境界線確保交渉におけるレバノン側の進展と、国内政治の麻痺との間には望ましくない乖離があると述べた。

「当局は海上境界線でイスラエルと合意に達するために努力しているが、そのような中で新政府発足を避けていることは恥ずべきことではないか?彼らにとって、レバノン人同士で自国の政府に同意することよりもイスラエルに同意することの方が簡単なことになってしまったのだろうか?」と彼は述べた。

「レバノンの政治的権力や、政党の分裂は…(国の)政治的、経済的、財政的、社会的衰退の元凶ではないか?」と、彼は加えた。

ライ総主教はレバノンで大きな影響力を持っている。レバノンの政治システムはイスラム教とキリスト教の様々な宗派間の権力共有に基づいており、大統領職にはマロン派カトリック教徒が就くことになっている。

危機に関して政治家に呼びかける中、ライ総主教は行き詰まりを打開しようとしているように見えた。

マロン派の総主教は、「メディアにおける醜いキャンペーン」は、年後半の新政府発足と新大統領選出を遅らせることを目的として始まったと述べた。

ライ総主教は、ミシェル・アウン大統領と、5月の議会選挙に首相に再指名され新内閣の組閣に苦戦しているナジーブ・ミカティ暫定首相との間でエスカレートする論争をほのめかしていた。

ミカティ首相は6月に素早く作成したな閣僚人事の草案をアウン大統領に提示し、それに固執したが、アウン大統領は別の人事案を提案した。

先週、アウン大統領の自由愛国運動は、ミカティ首相が組閣を遅らせ、さらには汚職を通じて富を蓄積していると非難する声明を相次いで発表した。

ミカティ首相の事務所は、アウン大統領の政党はレバノンの現実について実態を把握していないと応じた。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top