Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ヒズボラの支配を断ち切ることがレバノンの唯一の救いとなる

ヒズボラの支配を断ち切ることがレバノンの唯一の救いとなる

2022年8月4日、死者が出たベイルート港の爆発事故から2年目を迎え、集まったレバノンの活動家たち。(ロイター)
2022年8月4日、死者が出たベイルート港の爆発事故から2年目を迎え、集まったレバノンの活動家たち。(ロイター)
Short Url:
09 Aug 2022 01:08:10 GMT9
バリア・アラマディン
09 Aug 2022 01:08:10 GMT9

ベイルート港の大惨事から2年、この事件はレバノンの状況を的確に表していた。港の巨大な穀物サイロは崩壊し続け、有害な炎が腐敗した内容物を燃やして、地元の人々を脅かし、発がん性のある悪臭のする粉塵が、残酷に魂を奪われた首都に新たな苦悩をもたらすのではないかと心配されているのである。

218人の死者、数千人の負傷者、150億ドルの物的損害、30万人の家屋喪失に加え、この「世紀の犯罪」によって永続的に影響を受けた人々の数は想像を絶するものである。誰もが誰かを失い、多くの人が永続的に障害を負った。

ヒズボラが要求する「公平で公正な調査」は、言葉が如何に一切の意味を失ってしまったかを物語っている。この犯罪者たちは、私たちを辱める新手の手段として嘘を誇示し、私たちが彼らヒズボラの罪を知っていながら何もできないことを嘲笑しているのだ。最近の抗議デモでは、遺族らがヒズボラ指導者の写真を掲げ、自分たちの愛する人たちを殺したのが誰なのかはっきり分かっていると宣言している。

ヒズボラとその仲間は、最初の2人の捜査判事の仕事を麻痺させ、真実を明らかにするために任命された他の人物の仕事も簡単に無効にしてしまうだろう。国際的な調査が広く要求されれば、ハリーリ氏暗殺事件の裁判と同じ轍を踏むことは必至である。何年もの不断の努力の末に犯人を特定した後、ヒズボラとその仲間は堂々と世界に呼びかけて犯人を逮捕したのだから。このような茶番は、どんな皮肉にも勝るものである。

ヒズボラは、自分たちの犯罪は免責されると考えている。モハマド・チャタ氏、サミール・カシール氏、ルクマン・スリム氏といった相次ぐ国家的に著名な人物の殺害…数十億ドル規模の麻薬シンジケート…何千人もの無実のシリア国民の殺害…息を飲むような汚職…枚挙にいとまがない。

一方、ヒズボラの指導者は、紛争中の地中海のガス田をめぐって、いずれにせよ自分たちが勝つと信じて、戦争を煽るようなレトリックを吐いている。イスラエルが譲歩すれば、それは「抵抗勢力」であるヒズボラの脅しのおかげであり、そうでなければ、ヒズボラは最初から正しく、「シオニストの敵」と「シオニストの敵」の西側支援者は信用できず、将来の対立を正当化することになるだろう。ヒズボラは、要求が満たされなければ、誰にもガスと石油の採掘を許可しないと警告している。無人偵察機がイスラエルのガスインフラの上空を飛行しており、ヒズボラはガスの掘削装置はミサイルが容易に届く範囲にあると脅している。

「イスラム抵抗勢力」のプロパガンダの経路は、「ヒズブ・アル・シャイタン」がどれだけのミサイル、戦闘員、武器を保有しているかを飽くことなく列挙するが、イスラエルによる報復攻撃がレバノンに及ぼす被害の程度や、以前にイスラエルの武力行使によって亡くなった数千人の市民については詳細を説明しない。イスラエルのアビグドル・リーバーマン財務大臣は、もしイスラエルのガスインフラが攻撃された場合、「ベイルートのダヒエ地区をすべて一掃する」と中傷的に脅した。このような脅しは、あまりにも信じがたいことである。

このこと以上に、レバノンの唯一の救いは、レバノンの民衆がイランから自治権と主権を積極的に取り戻すことにある。

バリア・アラムディン

一方、ここ数日のガザでの悲劇的な暴力は、もちろん、ヒズボラとイランによって、地域の緊張をさらに悪化させるように利用されている。ヒズボラのナイム・カシム氏は「黙って見過ごすわけにはいかない」と警告し、イランの支援を受けている他の民兵もイランの強い要請で圧力を強めようとしている。

2006年、GCC諸国は大急ぎで数十億ドルを投じてレバノンをいち早く再建するよう急いだ。しかし、イランのアヤトラ(シーア派の最高指導者)が傀儡(レバノンのヒズボラ)の武器を補充する以外は何の支援もしないことを知っていたにもかかわらず、レバノンの指導者は過去数年間、レバノンをアラブのアイデンティティと文化から切り離し、湾岸諸国との架け橋を嬉々として焼き払ってきた。

レバノンを実際に支配しているのが誰なのかという疑問が、ここ数日、米国の制裁対象となったウクライナの穀物を積んだシリアの船が、レバノン北部のトリポリ港で押収されたことで浮き彫りになった。シリアの外交官は、アサド政権のヒズボラの同盟国シリアに食糧を供給するため、この船がシリアへの航路を進み続けることを認めるよう、急いで司法当局と役人を丸め込み、脅し、賄賂を贈った。その結果、レバノンに救命物資の小麦を運ぶウクライナの船は7日日曜日にレバノンに到着するはずだったが、盗んだウクライナの穀物の拠点としての使用許可にレバノンが抗議した結果、行き先を変更すると脅されて、トルコ沖に停泊したままである。これは、ヒズボラなどの指導者の犯罪行為の結果として、レバノン国民が繰り返し飢餓に見舞われてきたことをこの上なく的確に表現するたとえである。パンをめぐって争いが絶えないレバノンでは、人々がこの穀物の届くのを心待ちにしていた。

学校、病院、重要な公共施設は崩壊し、基本的な機能を維持するための必須条件が慢性的に不足しているため、国内のインフラと社会機構自体が私たちの目の前で崩壊している。最も有能なスタッフは海外に逃亡してしまった。世界銀行は、レバノンの指導者たちが「意図的な不況」を作り出し、国の資源を独占するために汚職や違法な計画に関与したと非難している。

ヒズボラとその仲間は前回の議会選挙で敗れたが、彼らは自分たちが勝ったかのように振舞う冷酷さと政治力を有していると考え、市民は日々を生き抜くための戦いに没頭してそんなことには関心がないだろうと考えている。しかしまさに、このような悲惨な状況に陥ったからこそ、市民は、ハッサン・ナスナッラー氏とゲブラン・バシル氏の政府樹立阻止の努力に対して行動しつつ、正義と説明責任の要求が聞き入れられるように、その機会を捉えなければならないのである。次期大統領をめぐる壮大な闘争を目前に控え、すべてを賭けて勝負に挑む。

イラクは、イランによる政権樹立を阻止しようとする数十万人のシーア派デモ隊によって停止させられている。レバノンを救うことができるのは、同様の大衆的な民衆の蜂起だけであり、泥棒一派にとって「通常業務」が不可能になり、この「意図的な恐慌」が急停止するような状況を強いることである。

このこと以上に、レバノンの唯一の救いは、レバノンの民衆がイランから自治権と主権を積極的に取り戻すことにある。

私たちの最大の希望は、想像を絶する逆境に直面したレバノンの人々の感動的な勇気とストイックな姿勢にある。若返り、生まれ変わったレバノンは、私たちが共同で手を伸ばし、機会を捉える勇気を持てば、すぐそこにある。

  • バリア・アラムディン氏は受賞歴のあるジャーナリストで、中東および英国のニュースキャスターである。彼女は『メディア・サービス・シンジケート』の編集者であり、多くの国家元首のインタビューを行ってきた。
特に人気
オススメ

return to top