Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアと米国は「戦略対話」を行い、イランの脅威に対抗することに同意する

サウジアラビアと米国は「戦略対話」を行い、イランの脅威に対抗することに同意する

2020年10月14日水曜日にワシントンで行われた国務省での会談中に、サウジ外相のファイサル・ビン・ファルハン王子の話に耳を傾けるマイク・ポンペオ国務長官(右) (AP)
2020年10月14日水曜日にワシントンで行われた国務省での会談中に、サウジ外相のファイサル・ビン・ファルハン王子の話に耳を傾けるマイク・ポンペオ国務長官(右) (AP)
Short Url:
15 Oct 2020 02:10:13 GMT9
15 Oct 2020 02:10:13 GMT9
  • イランの核開発計画は、地域と世界にとって危険であるとファイサル王子は述べた
  • マイク・ポンペオ国務長官は、イランの脅迫的な行為を抑制する必要があることに同意した

アラブニュース

ロンドン:サウジアラビアと米国は、イランの秩序を乱す行動に対抗し、抑制する必要があることに同意した、とサウジアラビアの外相は述べた。

ファイサル・ビン・ファルハン王子は、最初の米・サウジ戦略対話に参加後、「イラン政権は、フーシ派がイラン製の弾道ミサイルとドローンをサウジアラビアに向けて発射したイエメンを含むテロリストグループに財政的および物質的な支援を提供し続けている。」と述べた。

イランの核兵器が搭載可能な弾道ミサイルの開発計画は、地域と世界にとって危険であると外相は付け加えた。

米国とサウジアラビアの歴史的関係を強化することを目的とした対話は、水曜日に初めて行われた。マイク・ポンペオ米国務長官とファイサル・ビン・ファルハン王子が会談に参加した。

共同記者会見で、ポンペオ米国務長官は、イランの脅迫的な行為を抑制する必要があることに同意し、「サウジアラビアの安全を脅かし、世界貿易を混乱させる」と述べた。

同国務長官は、このことは、昨年のイランによるサウジアラムコ施設への攻撃と、ミサイル、ドローン、および「イラン政権に供給された危険な技術」を利用したフーシ派のサウジアラビアの領土への頻繁な爆撃から明らかであると述べた。

同国務長官は、米国がリヤドにある新しい米国大使館のために26ヘクタールの敷地を取得する準備をしていることを同会見で発表した。

同氏は、大使館が、最近ジェッダに新しい領事館を開設し、ダーランに新しい領事館を建設していることに加えて、米国が10億ドルを超える投資をすることを発表した。

ファイサル王子は、サウジアラビアと米国との関係を拡大し、協力を強化し、「両国の相互関係を新たな高みへ」高めることを楽しみにしていると付け加えた。

特に人気
オススメ

return to top