Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サルマン国王がG20で言及:地球の保全がサウジアラビアにとって最重要

サルマン国王がG20で言及:地球の保全がサウジアラビアにとって最重要

サルマン王は、地球を保全するためのG20の取り組みについて語った。(G20)
サルマン王は、地球を保全するためのG20の取り組みについて語った。(G20)
Short Url:
23 Nov 2020 02:11:34 GMT9
23 Nov 2020 02:11:34 GMT9
  • G20は炭素循環型経済への野心的アプローチに関してコミットした
  • 世界の指導者たちは、環境問題への取り組みに必要な協調的アプローチに同意した

ワン・カルロ・ディアス

ドバイ:リヤドでのG20サミット最終日である日曜日、サルマン国王は地球と環境の保全がサウジアラビアにとって最重要だと述べた。

サウジ国王は、炭素循環型経済(CCE)への野心的アプローチや「削減、再利用、リサイクル、除去(reduce, reuse, recycle, and remove)」の概念など、地球を保全するための王国とG20の取り組みについてバーチャルメッセージで述べた。

「この4Rが一体となり、全部門での排出量管理のためのあらゆるオプションを評価する包括的で統合された実用的アプローチを構成する」と王は述べた。

国王は、サウジアラビアはCCE国家プログラムを立ち上げ、「(国の)持続可能性への現在の勢いを促進する」と説明した。

サルマン国王は、他の国々にプログラムの目標達成のため王国に加わるよう要請した。

国王は、サウジアラビアには2030年までに国の電力の最大50%を生成する再生可能エネルギー開発という大規模計画があると述べた。

退任予定のドナルド・トランプ大統領、インドのナレンドラ・モディ首相、中国の習近平氏、オーストラリアのスコット・モリソン首相など、他のG20首脳も環境保全に向けた連帯を表明した。

世界の指導者たちは、サンゴ礁保全、海洋生態系、土壌劣化、生息地喪失などの環境問題に取り組むための協調したアプローチの必要性に同意した

モディ首相は、「気候変動は、単独ではなく、統合された包括的かつ全体的な方法で取り組まなければならない」と述べ、「新しく持続可能なテクノロジーにおける研究と革新を拡大する」ことの重要性を強調した。

topics
特に人気
オススメ

return to top