Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビアの7月の原油輸出量は日量738万バレルに達した:JODI

サウジアラビアの7月の原油輸出量は日量738万バレルに達した:JODI

月曜日の原油価格は、世界的な需要鈍化の予測と、金利大幅上昇の可能性を見越したドル上昇の圧力を受けて小幅に下落したが、供給に対する懸念から下落幅は限定された。
月曜日の原油価格は、世界的な需要鈍化の予測と、金利大幅上昇の可能性を見越したドル上昇の圧力を受けて小幅に下落したが、供給に対する懸念から下落幅は限定された。
Short Url:
20 Sep 2022 09:09:20 GMT9
20 Sep 2022 09:09:20 GMT9
  • 世界的な需要に対する不安と強いドルの影響で原油価格は小幅下落

アラブニュース

リヤド:月曜日にJODI(ジョイント・オーガナイゼーション・データ・イニシアチブ)が発表したデータによれば、最大の石油輸出国サウジアラビアの7月の原油輸出量は、2ケ月連続で増加し、ここ2年以上で最高の値を記録した。

サウジアラビアの7月の原油輸出量は、6月の日量720万バレルから2.5%増加して日量738万バレルとなり、2020年4月以来の最高値となった。

同国は、供給不足に対する懸念と夏の大きな需要への期待の中、アジア諸国のバイヤーに対する7月の原油価格を予想よりも高い水準へと引き上げていた。また同国はヨーロッパと地中海諸国のバイヤーに対する公式販売価格も引き上げていたが、アメリカ向けの価格は据え置いた。

サウジアラビアはインドへの7月の供給量で第3位であり、また上半期では、中国に対する最大の輸出国としての地位を維持した。

またサウジアラビアの原油生産量も、前月の 1,064 万 6,000 バレルから 1,081 万 5,000 バレルへと増加し、ここ 2 年以上での最高値へと上昇した。

王国国内の石油精製所における産出量は7月に約3%減少し、日量276万3,000バレルになった。一方、石油製品の輸出は日量142万9000バレルとなっている。

石油輸出国機構とロシアが率いる同盟諸国は今月、景気減速の恐れから下落した価格を押し上げるために小規模な減産に合意していた。

輸出に関する毎月の数値は、リヤドやその他OPECメンバーからJODIに提供され、JODIがウェブサイトで公開している。

特に人気
オススメ

return to top