Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 9.11から20年、厳しいテロの新時代が幕を開ける

9.11から20年、厳しいテロの新時代が幕を開ける

2021年8月18日、アフガニスタン・カブールのワジール・アクバル・カーンにいるタリバンの戦闘員。(AP写真)
2021年8月18日、アフガニスタン・カブールのワジール・アクバル・カーンにいるタリバンの戦闘員。(AP写真)
Short Url:
11 Sep 2021 02:09:02 GMT9
バリア・アラマディン
11 Sep 2021 02:09:02 GMT9

暴力は暴力を生む。2001年9月11日の恐ろしい出来事の衝撃は、カブールで自爆テロが発生し、さらに多くの人々が想像を絶する悪の犠牲になるなど、今もなお続いている。

9月11日の出来事は、どこからともなく現れたわけではない。その3年前に東アフリカで起きたアルカイダによる大使館爆破事件で、私たちは警告を受けていた。アルカイダの殺人者たちは、それ以前の100の戦場が生み出した。1980年代にアメリカが冷戦時代、超大国の対立の中でアフガニスタンの過激派に資金援助を始めたとき、散らばっていた種がやがてアルカイダとタリバンにまとまっていった。アーサー・バルフォア氏が一筆書きでパレスチナ民族全体の収奪を決意したとき、彼の宣言の苦い果実は、100年以上経った今でも怒り、悲しみ、憎しみを煽る数多くの過激な傾向へと発酵していった。

過激さは過激さを生む。極右的な傾向は、極左的な報復を助長する。イラン国王の親米独裁政権は、ホメイニストの神権政治に取って代わられた。ロシアに支援されたラテンアメリカの共産主義者は、CIAに支援された反動主義者と戦った。シリア紛争から生じたカオスと大規模な混乱は、西欧諸国全体の極右ポピュリストの傾向に拍車をかけ、Qアノンの華々しいトランプ主義者の妄想の中で論理的な極限に達した。

ブッシュ大統領の「テロとの戦い」は、より悪質なテロリズムを生み出しただけだった。オサマ・ビンラディンの計算された恐怖の経済は、アブ・ムサブ・アル・ザルカウィの殺戮の狂乱へと変わり、それはダーイシュの虐殺のカーニバルを生んだ。

狂気は狂気を生む。アルカイダがアメリカの統治機構の中枢に壊滅的な雷を落としたことで、それまで党内でも「クレージー」とされていた極右の新保守主義者たちが力をつけた。イラクにおけるネオコンの帝国主義は、少し前までドナルド・ラムズフェルド氏が熱狂的に支持していた独裁者を倒した。サダム・フセインの殺人的な専制政治は、間もなくテヘランの準軍事的な覇権に取って代わられようとしていた。そして、アヤトラがこの地域全体を手中に収めようと決意するまでには、そう長い時間はかからなかった。

混沌は混沌を生む。ジョー・バイデン氏の屈服後、アフガニスタンがタリバンの支配下に入るスピードは奇跡的としか言いようがない。なぜタリバンが妥協しなければならないのか?タリバンの勝利は、あまりにも簡単かつ突発的であり、必然性を感じさせた。

アルカイダは、病弱でカリスマ性のないアイマン・アル・ザワヒリの下で、長い間低迷していた。タリバンの電光石火の征服が、9.11以降の世界のテロリズムにとって最大の後押しになっていることは疑いの余地がない。アフリカやアジアのテロリストたちは、新たな勢い、資金調達、勧誘、過激派の熱意の津波に乗り遅れないように準備している。状況をよく知っているはずの多くのコメンテーターが、先日のカブール空港爆破事件で100人以上を殺害したダーイシュ・ホラサンと戦うためのアメリカの最大の希望として、タリバンを称賛していた。しかし、タリバンはその後のアメリカのダーイシュ・ホラサンに対する空爆を非難している。ダーイシュ要員の多くはタリバンからの離反者であり、タリバンは最近、ダーイシュの戦闘員数千人を刑務所から釈放した。テロリストと戦うためにテロリストを使うことは、成功の秘訣ではない。

私たちは2014年半ば、イラクのパワーバランスが大きく変化したのを目の当たりにした。ダーイシュの武装集団がモスルで、彼らの何倍もの規模の、米国が提供した武器を持つイラク軍と対峙したのだ。しかし、イラクの腐敗した無能な軍の指導者たちは、立ち上がって戦うのではなく、逃げてしまい、強大なイラク軍は崩壊してしまった。

アフガニスタンと同じように、ヌーリー・アル・マリキ首相率いるイラク軍は上から下まで腐りきっていた。アル・マリキ首相の統治スタイルによって生み出された下劣な宗派間の対立は、過激化を促進するロケット燃料のように作用した。2012年から2014年にかけて、ダーイシュはわずか700人の戦闘員から3万人以上の新兵に急増した。その後の2年間で、ダーイシュは29カ国で143件の攻撃を行い、2,000人以上の人々を殺害した。

20年以上にわたり、アルカイダとタリバンの間には切っても切れない共生関係があった。アルカイダは現在もタリバンに深く組み込まれている。現在、アフガニスタンには9.11以前よりも多くのアルカイダ戦闘員が存在する。アルカイダの副官であるアブ・ムハンマド・アル・マスリは、昨年10月にガズニー州で殺害された。アルカイダとつながりのあるシラジュディン・ハッカーニ(世界の最重要指名手配犯の1人)は、カブールにおけるタリバンの主要な権力者として登場した。

最近の国連の報告書によると、アメリカが撤退する前、アルカイダはアフガニスタンの約半分の州に存在していた。報告書では、この2つの運動は「密接に連携しており、関係を断ち切る気配はない」と結論づけている。アルカイダは、戦闘能力、通信能力、諜報能力を備え、タリバンの戦力増強剤として機能している。タリバンは、ビン・ラディンを追い出すような大きな圧力があったにもかかわらず、彼を受け入れ、匿っていた。アメリカは同盟国を平気で見捨てるが、タリバンとアルカイダのつながりは深かった。

アフガニスタンから撤退した後、中央アジアのテロに対して欧米が「地平線の向こう側(Over the horizon)」を握れるというバイデン氏の主張は馬鹿げている。ヒンドゥークシュなどの地域は、アフガニスタン国内に何万人もの連合軍がいても、制圧することはほとんど不可能だった。バイデン政権は、2001年当時には夢にも思わなかったような技術革新を誇っているかもしれないが、過激派の進出を、もはや足場すらない地域で封じ込めるために必要な、超人的な力は持っていないことは確かだ。

バイデン氏のアフガニスタン撤退は、アメリカ人が9.11の忌まわしい出来事を追悼しているときに、アルカイダとタリバンが権力の復活を祝うという完璧なタイミングで行われた。またしても、テロリストの訓練キャンプが門を開き、過激化した戦闘員がアフガニスタンの多孔質な国境を通って押し寄せ、一方でアヘンの流出は世界中の反乱軍に10倍以上の資金を供給するのに十分な利益をもたらすことになる。

タリバンの電光石火の征服は、議論の余地なく、9.11以降の世界のテロリズムにとって最大の後押しとなる。

バリア・アラマディン

愚かさは愚かさを生む。今日、私たちはグローバル化したテロリズムの新たな時代を迎えようとしている。西洋の政治指導者たちは、アフガニスタンでの失敗がもたらす当然の国内政治的影響を心配するという近視眼的な考えをやめ、迫り来る地獄に立ち向かう準備をしなければならない。

我々がこのような混乱に陥っているのは、これらの指導者たちが9.11から正確に何も学ばなかったからである。世界的な対テロ戦争の残酷な結果は、新しい世代のテロリストを育てるだけである。

悲劇は悲劇を生む。テロリズムは、シリア、イエメン、アフガニスタンの難民キャンプの様々な恐怖の中で、傷つき、失うもののない怒りに満ちた若者の中で生まれている。

テロリズムに対する勝利は、より大きな壁を作ったり、脆弱な国を侵略したりすることでは決して得られない。真のテロとの戦いは、貧困、不寛容、慢性的な不安定さとの戦いなのだ。

美徳は美徳を生む。正義が正義を生む。希望が希望を生むのだ。

バリア・アラマディンは、中東と英国で活躍する受賞歴のあるジャーナリスト・放送局員。メディア・サービス・シンジケートの編集者であり、多くの国家元首にインタビューを行っている。

特に人気
オススメ

return to top