Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • アラムコの第2四半期の利益は急落したものの、新柄コロナウイルスの影響から一部回復をみる

アラムコの第2四半期の利益は急落したものの、新柄コロナウイルスの影響から一部回復をみる

アラムコのアミン・ナセル社長は、新型コロナウイルスにより世界が危機に陥る中、同社は財政的頑強度と事業の信頼性を証明した述べた。(ファイル/AFP)
アラムコのアミン・ナセル社長は、新型コロナウイルスにより世界が危機に陥る中、同社は財政的頑強度と事業の信頼性を証明した述べた。(ファイル/AFP)
Short Url:
09 Aug 2020 09:08:47 GMT9
09 Aug 2020 09:08:47 GMT9
  • アラムコはコロナ禍の影響から「一部回復」したと見ている
  • アラムコの社長は、アラムコは頑強度を堅持していると述べる

フランク・ケイン

ドバイ:世界最大の石油会社サウジアラムコは、ここ数十年で最も不安定な石油市況となった2020年第2四半期の同社の純利益が65.7億ドルとなったと発表した。

アラムコの今年第2四半期純利益は、同社の株式が上場されているリヤドのサウジ証券取引所にて昨年の247億ドルの利益と比較して発表された。

アミン・ナセル社長兼最高経営責任者(CEO)は、「新型コロナウイルスが世界全体を停滞させたにもかかわらず、わが社は前進し続けた。我々は、当社の財政的頑強度と事業の信頼性を実証し、事業運営の記録を更新するとともに、従業員の健康と安全を確保するための措置を講じてきた」と述べた。

ナセル社長は、アラムコの配当金は、昨年の世界最大の新規株式公開に参加した投資家にとって大きな魅力となっており、約束通りの配当金を維持すると付け加えた。同社の第2四半期のキャッシュフローは61億600万ドルとなった。

「需要の減少と原油価格の下落による強い逆風が第2四半期の業績に反映されている。しかし、低生産コスト、当社独自の規模、俊敏な労働力、他の追随を許さない財務力と事業運営力により、当社は堅実な収益を上げている。これにより、第3四半期に支払われる第2四半期の配当金187億5000万ドルを維持するという計画を達成することができた」と同氏は述べた。

アラムコは、今回の下落について「主に原油価格の下落と精製・化学品マージンの低下の影響を反映しているが、原油価格の下落に伴う生産ロイヤリティの減少やロイヤリティ・レートが20%から15%に低下したこと、収益の減少に伴う法人税や喜捨税の減少、ガス製品の販売に関連したその他の収入の増加により、一部相殺された」としている。

4月の 「ブラックマンデー 」により原油価格が暴落した第2四半期の売上高と収益は昨年の同時期と比較して57%減の328億6,100万ドルに下落した。

ナセル社長は、世界経済はコロナ禍により実施されたロックダウンによるどん底から徐々に回復していると慎重ながらも楽観視していると述べた。

「世界各国が規制を緩和し、経済を再起動するための措置を講じているため、エネルギー市場は部分的に回復していると見ている。一方、我々は人々の安全を第一に考え、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるための幅広い予防措置を今後も実施していく。」

「当社は、このパンデミックから脱却してより強くなり、世界で最も二酸化炭素排出量の少ない上流工程での事業への継続的な投資を通じて、長期戦略の旅を今後も前進させていく」と付け加えた。

アラムコは、今年の資本的支出について、すでに同社が示した250億ドルから300億ドルの範囲の下端になると予想している。

特に人気
オススメ

return to top