Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビア、2026 AFC女子アジアカップの開催国を目指す

サウジアラビア、2026 AFC女子アジアカップの開催国を目指す

AFC女子アジアカップインド2022は、この20年で最大規模の大会となり、2022年2月6日に中国が韓国を破って優勝した。(AFP)
AFC女子アジアカップインド2022は、この20年で最大規模の大会となり、2022年2月6日に中国が韓国を破って優勝した。(AFP)
Short Url:
01 Aug 2022 05:08:12 GMT9
01 Aug 2022 05:08:12 GMT9
  • オーストラリア、ヨルダン、ウズベキスタンも意向を表明

アラブニュース

サウジアラビアは、AFC女子アジアカップ2026の開催地への意向を表明している4カ国のうちの一つである。

アジアサッカー連盟は、7月31日の期限までに、サウジアラビアサッカー連盟、この他の加盟協会ではオーストラリアサッカー連盟、ヨルダンサッカー協会、ウズベキスタンサッカー連盟も、参加の意向を表明したことを確認した。

AFCは今後、全ての協会と協力して必要な入札書類を送付し、2023年に決定国を発表する予定である。

AFC女子アジアカップ2026は、同大会のこれまでの名高い確かな土台の上に築かれることが期待される。AFC女子アジアカップインド2022は、8チームから12チームに拡大され、この20年で最大規模の大会となっただけでなく、女子選手団も過去最大の規模で構成された。

ピッチの外では、準々決勝から初めてのビデオアシスタントレフェリーシステムの導入に貢献した女性大会関係者の大集団が大会を支えた。

同様に、AFCのデジタルチャンネルでは、AFC女子アジアカップ2018と比較して5,324%という著しい上昇を目の当たりにし、2022年のショーピースのエンゲージメントと報道は前回を上回った。AFCのチャンネルでは、2億7,000万回以上のインプレッション、1,700万回のエンゲージメント、7,400万回のビデオビューが記録された。

オーストラリアは、2006年にAFC女子アジアカップを開催しており、マチルダスは4年後に中国で単独タイトル獲得を目指している。今年のAFC女子クラブ選手権 (西) の開催国であるウズベキスタンは、2回目の挑戦で、中央アジアの国で初めて、大陸で最も権威のある女子トーナメントの開催地を目指すことになる。

ヨルダンは、2018年に西アジア初の大会開催国となった。そのため、サウジアラビアは、西アジア地域で2番目の開催国になることを目指している。

特に人気
オススメ

return to top