Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • バイデン大統領が、地域問題について議論するため、サウジアラビアとアラブ首長国連邦に米代表団を派遣:提供元

バイデン大統領が、地域問題について議論するため、サウジアラビアとアラブ首長国連邦に米代表団を派遣:提供元

代表団は、米国務省、国家安全保障会議、国防総省の当局者に率いられる予定だ。(ファイル/AFP)
代表団は、米国務省、国家安全保障会議、国防総省の当局者に率いられる予定だ。(ファイル/AFP)
Short Url:
29 Apr 2021 05:04:53 GMT9
29 Apr 2021 05:04:53 GMT9
  • 議論にはイランとの核合意についての協議の進展が含まれる見通しである

アラブニュース

ドバイ:ジョー・バイデン米大統領が今週、地域問題について議論するために、高官代表団を、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、エジプト、ヨルダンなどの中東の国々に派遣する予定だと、ホワイトハウスを情報源としてアッシャルク・アルアウサトは水曜日報じた。

ウィーンで開催されているイランとの核合意についての協議の進展、アラブ首長国連邦の次世代F-35の購入、現在進行中の中東における緊張緩和の取り組みなどが議題に上がる見通しである。

イランへ派遣される米特使であるRobert Malley氏は今週、湾岸協力会議加盟国の外相との会合を開き、ウィーンでの協議における進展を中継した。

代表団は、米国務省、国家安全保障会議、国防総省の当局者に率いられる予定だ。

また、米国家安全保障会議中東政策調整官Brett McGurk氏、国務省顧問Derek Chollet氏、近東問題担当国務次官補代理Joy Hood氏、中東問題担当副国防次官補Dana Stroll氏が代表団に加わる予定である。

代表団の訪問は、ドナルド・トランプ前大統領が破棄した2015年の核合意へのアメリカの復帰を目指しているバイデン大統領に対する、地域の同盟諸国の注目度がますます高まっている最中、行われることとなる。

特に人気
オススメ

return to top