Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • UAEのラス・アル・ハイマでイベント「ジャパン・フィルム・ウィーク」を初開催

UAEのラス・アル・ハイマでイベント「ジャパン・フィルム・ウィーク」を初開催

このイベントは、UAEと日本の外交関係樹立50周年記念の一環として行われ、厳選された日本映画を上映し、観客を楽しませてくれる。
このイベントは、UAEと日本の外交関係樹立50周年記念の一環として行われ、厳選された日本映画を上映し、観客を楽しませてくれる。
このイベントは、UAEと日本の外交関係樹立50周年記念の一環として行われ、厳選された日本映画を上映し、観客を楽しませてくれる。
このイベントは、UAEと日本の外交関係樹立50周年記念の一環として行われ、厳選された日本映画を上映し、観客を楽しませてくれる。
Short Url:
30 Jun 2022 12:06:30 GMT9
30 Jun 2022 12:06:30 GMT9

アミン・アッバス

ドバイ:在ドバイ日本国総領事館とUAEのシェイク・サウード・ビン・サクル・アル・カシミ政策研究財団が主催するイベント「ジャパン・フィルム・ウィーク」の第1回が27日、ラス・アル・ハイマ商工会議所で27日に始まり、特別オープニングセレモニーが催された。

オープニングセレモニーは、在ドバイ日本国総領事館の龍野祥治首席領事によるスピーチから始まり、日本とUAEの外交関係樹立50周年記念の一環としてこの素晴らしいイベントが行われることに感謝の意を述べた。

オープニングセレモニーに続き、日本映画「猫侍」が上映された。この映画は、犬派に雇われた侍の斑目久太郎が、敵対する派閥の愛するペットである可愛らしい白猫の退治を依頼される。しかし、刀を振り上げた瞬間、久太郎は退治に踏み切れなくなり、その猫に心を奪われてしまう。

シェイク・サウード・ビン・サクル・アル・カシミ財団の代表者は「ジャパン・フィルム・ウィークは、在ドバイ日本国総領事館との共同開催で、本イベント開催の背景にはラス・アル・ハイマおよびUAE全体において日本文化を周知し強調したいという考えがあります」と述べた。

「ラス・アル・ハイマの多くの人々が日本の文化やエンターテイメントを愛していることが分かりました。全日程にわたり、映画を見たいとイベント各日に100人以上の登録があったのですから」と彼女は付け加えた。

在ドバイ日本国総領事館の代表者は次のように述べた。「ジャパン・フィルム・ウィークは、ラス・アル・ハイマで我々が開催する初めてのイベントですので、この開催には心躍る思いがします。また、本イベントがラス・アル・ハイマ首長国における今後の文化協力の始まりとなることを期待しています」

ジャパン・フィルム・ウィークの映画ラインアップは以下の通り。

6月28日午後6時~『ヲタクに恋は難しい』

6月29日午後6時~『ちえりとチェリー』

6月30日午後6時~『夜明け告げるルーのうた』

ジャパン・フィルム・ウィークの詳細についてはこちらのウェブサイトへ。

特に人気
オススメ

return to top