Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 米海軍とイラン、ホルムズ海峡で緊張をはらむ異常接近

米海軍とイラン、ホルムズ海峡で緊張をはらむ異常接近

中東を管轄する米海軍第5艦隊は、革命防衛隊の船舶3隻が「危険でプロらしからぬ」接近をしてきたと発表した。(米国海軍中央司令部広報部)
中東を管轄する米海軍第5艦隊は、革命防衛隊の船舶3隻が「危険でプロらしからぬ」接近をしてきたと発表した。(米国海軍中央司令部広報部)
Short Url:
21 Jun 2022 04:06:57 GMT9
21 Jun 2022 04:06:57 GMT9
  • 米海軍によると、革命防衛隊の高速艇3隻のうち1隻が正面からシロッコに急接近し、その後に進路を変えたという

ドバイ:米海軍は21日、戦略的に重要なホルムズ海峡で、イランの武装組織である革命防衛隊との緊張をはらむ異常接近があったと発表した。

中東を管轄する米海軍第5艦隊は、USSシロッコとUSNSチョクトーカウンティが20日にアラビア湾の海峡を通過していた際、革命防衛隊の船舶3隻が「危険でプロらしからぬ」接近をしてきたと発表した。

発表によると、革命防衛隊の高速艇3隻のうち1隻が正面からシロッコに急接近し、その後に進路を変えた。接近中には、シロッコも照明弾を発射して警告したという。

米海軍が公開した短い動画には接近の様子が映し出されている。

イランはこれまでのところ、石油貿易全体の5分の1が通過するこの海峡で起きた今回の件について認めていない。

現在、イランと世界列強国による核合意への復帰は交渉が行き詰まる中で先が見えず、地域は緊迫した状態が続いている。一方、イランの核開発プログラムは、ウランの濃縮度を核兵器に使用可能なレベルにまで限りなく近づけている。

AP

特に人気
オススメ

return to top