Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ゴーンの逃亡後、楽器ケースに入らないようヤマハがミュージシャンに警告

ゴーンの逃亡後、楽器ケースに入らないようヤマハがミュージシャンに警告

ゴーンの逃亡報道を受け、ヤマハ株式会社は楽器ケースに無理やり入ったりしないよう警告している。(シャッターストック)
ゴーンの逃亡報道を受け、ヤマハ株式会社は楽器ケースに無理やり入ったりしないよう警告している。(シャッターストック)
Short Url:
14 Jan 2020 06:01:02 GMT9
14 Jan 2020 06:01:02 GMT9

東京:日産の前社長カルロス・ゴーンが楽器ケースに入って日本から逃亡したと報道されたのを受け、ヤマハ株式会社は楽器ケースに無理やり入ったりしないよう警告を発した。

日本の同社は1月11日のツイッターへの投稿でこう述べた。「理由については触れませんが、大型の楽器ケースに人が入ることに関することをネタにしたツイートが多く散見されるようになってきました。
不幸な事故が起きてからでは遅いですので、皆さんの周りでは実際にそのようなことをしない、させないように皆さんで注意し合ってください。」

ゴーンは所得隠し、投資損失の日産への付け替え、会社資金の横領で訴えられているが、12月末に日本からレバノンに逃亡した。日本の当局は彼を追求することを誓い、彼と妻のキャロルを国際指名手配した。

前自動車会社社長兼逃亡者は、どうやって日本の空港のセキュリティをくぐり抜けたかを話すことも、共犯者がX線検査機に通せないほど大型のスピーカーボックスに彼を入れて、西日本にある関西空港のプライベートジェット用ラウンジを通り抜けたという報道を肯定することも拒んだ。

初期の報道ではコントラバスのケースに入って東京の家から運び出されたとされたが、ゴーンはこれについては否定していた。

ヤマハはピアノやコントラバスからドラムや頑丈なスピーカーに至るまで多種多様な楽器や機材を作っているが、2度目のツイートで最初のツイートが5万回以上もリツイートされたことに謝意を表明した。さらに繰り返し、フォロワーに向けて、楽器ケースは人間ではなく楽器のために設計されていることを念押しした。

ロイター通信

特に人気
オススメ

return to top