Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 「もう恐れない」:イランでの抗議デモが4週目に入り、衝突が発生

「もう恐れない」:イランでの抗議デモが4週目に入り、衝突が発生

2022年10月6日、スペイン、マドリードのイラン大使館前で、イランのイスラム政権とマフサ・アミニさんの死に対する抗議として、自らの髪を切る女性。(ファイル/ロイター)
2022年10月6日、スペイン、マドリードのイラン大使館前で、イランのイスラム政権とマフサ・アミニさんの死に対する抗議として、自らの髪を切る女性。(ファイル/ロイター)
Short Url:
08 Oct 2022 10:10:15 GMT9
08 Oct 2022 10:10:15 GMT9
  • この抗議活動は、人々が夜通し再び街頭に立つようにとの呼びかけを受け行われた

パリ:2022年10月8日土曜、イランで、マフサ・アミニさんの死に抗議するデモ活動が、流血を伴う弾圧をものともせず4週目に入った。女子学生たちはスローガンを唱え、労働者らはストライキを行い、路上では衝突が起きた。

22歳のクルド系女性マフサ・アミニさんが、テヘランで女性に対する国の厳格な服装規定に違反したとして、悪名高い道徳警察に逮捕され、その3日後の2022年9月16日に死亡したことで、人々の怒りは燃え上がった。

土曜日に撮影されたとされる人権団体Hengawの動画には、アミ二さんの地元、クルディスタン州サッケズの学校で、少女たちが「女、命、自由」と唱える声が響き、また別の少女たちのグループは、路上で頭髪を覆うためのスカーフを頭上で振り回す姿が見られた。

また同団体が公開した別の動画では、クルディスタン州の州都サナンダジュで、少女たちが同じフレーズ(この抗議活動のスローガン)を繰り返し唱えながら、学校に入る姿が映し出されている。

この抗議行動は、人々が夜通し再び街頭に立つようにとの呼びかけを受け行われた。

AFP通信が確認したネット上の画像では、テヘランの中心部を通るモデアズ・ハイウェイの高架交差路に設置された大きな垂れ幕に「私たちはもう恐れない。私たちは戦う。」と書かれているのが見える。

また別の拡散された動画では、男性が政府の広告板の言葉を「警察は国民の僕」から「警察は国民の殺人者」と書き直す姿が映っている。

ノルウェーに本部を置くクルド系人権団体Hengawによると、クルディスタン州のサッケズ、サナンダジュ、ディバンダーレ、また、西アーザルバーイジャーン州のマハーバードでも“広範囲に及ぶストライキ”が行われているという。

イランでの違反を監視するソーシャルメディアチャンネル1500tasvirで公開された動画では、サナンダジュの路上で、デモ隊と治安部隊が衝突し、銃声が響いている。

1500tasvirによると、南部の都市シーラーズでも抗議活動が行われているという。

また、同チャンネルでは、テヘラン西部の町カラジュや南部の町ケルマーンで、何十人もの人々が路上に集まり、ドライバーらがクラクションを鳴らしているデモの映像も公開されている。

AFPは、1500tasvirの映像の検証をすぐには実施できていない。

特に人気
オススメ

return to top